弘前藩よろず生活図鑑 Web版

陸奥新報紙面で掲載した内容を、
不定期に更新していく、
Web版よろず生活図鑑です。
紙面を見逃した方も、初めて読む方も、
分かりやすい内容となっています。

2009.07.31

現在も馴染みの多い藩政時代の料理。3

「金木屋」の接待料理と、津軽の郷土料理

安政2年(1855)1月18日には、
下町同心や庄屋を招いて次のような料理で
もてなしている。
「御酒肴五種吸い物一度夜食平皿、手製目巻、
到来の平目煮付け、
鯡の椛焼小串伽羅ふき〆砂鉢積合、なまこ丼、
〆貝丼、到来鯖鮓、鮭の鮓丼、
かすべ同積入いも初茸こんにゃく大平〆五種、
外にあま漬け丼、きぬた付金頭初茸吸い物
御皿鯡御平かすべ青菜こんにゃく初茸〆」。
同日記には調理法などが記載されていないことや、
当時と現代の食材の違いなどから、
献立名を見ても想像がつかない料理もあった。
しかし、
あらためて器に盛りつけた料理を眺めてみると、
藩政時代の料理の多くは
今も馴染み深いものが多く、
津軽の地で受け継がれてきたことがわかる。
金木屋のもてなし

記事カテゴリー


バックナンバー


ダウンロード

陸奥新報紙面で掲載した内容を、プリントアウトして読みたい方に、A4サイズにレイアウトしたPDFがダウンロードできます。


参考文献・協力

弘前藩よろず生活図鑑を制作するにあたり、ご協力いただいた方々や参考文献・資料一覧はこちらから。


弘前藩よろず生活図鑑は


編集部が製作しています。