弘前藩よろず生活図鑑 Web版

陸奥新報紙面で掲載した内容を、
不定期に更新していく、
Web版よろず生活図鑑です。
紙面を見逃した方も、初めて読む方も、
分かりやすい内容となっています。

2009.11.03

津軽の刺し子と「こぎん」文化。

こぎん刺しの歴史

「小布」或いは「小巾」と表記されるこぎんは、農民が着た、丈の短い麻の単衣をさす言葉だった。厳しい規制の中で農民は長く麻以外の衣服を許されなかった。擦り切れやすく保温性に乏しい麻布を、いかに永く活用するか。こぎん刺しは必要に迫られた農民の知恵が生みだした

。『弘前藩御国日記』の元文元年(1736)、「花色差物布こきん」とあり、藍染めで刺しこされた衣類がこの時には既にあった。 現在のようなこぎん刺しの形態は天明8年(1788)には既に現れていた。

『奥民図彙』によると、農民の着衣は紺地に白糸で模様を刺子した「サシコ布」であり、それから80年後の安政2年(1855)に書かれた『春興刷』には、「こぎん」の原形が見て取れる。80年の歳月をかけてゆっくりと展開したこぎん刺しは、明治に入り急速に発展する事となる。

刺し子と木綿

明治に入り農民にも木綿糸が解禁され、こぎん刺しは発展・普及した。刺しやすい木綿の糸は地刺しの工夫や模様の発展を促し、労働着、普段着、晴れ着、嫁入りの持参品として、農村の娘達は競いあい、励ましあいながらこぎん刺しの技術を上達させていった。

しかし、こぎん刺しを衰退させたのもまた、木綿であった。明治24年に上野--青森間、27年には青森--弘前間に鉄道が開通するに及び、人や物の輸送が容易になった。温かく丈夫な木綿製品が自由に入手できるようになり、こぎん刺しは明治28年頃を境に一度は姿を消す事となった。

挿絵1

挿絵2


記事カテゴリー


バックナンバー


ダウンロード

陸奥新報紙面で掲載した内容を、プリントアウトして読みたい方に、A4サイズにレイアウトしたPDFがダウンロードできます。


参考文献・協力

弘前藩よろず生活図鑑を制作するにあたり、ご協力いただいた方々や参考文献・資料一覧はこちらから。


弘前藩よろず生活図鑑は


編集部が製作しています。