弘前藩よろず生活図鑑 Web版

陸奥新報紙面で掲載した内容を、
不定期に更新していく、
Web版よろず生活図鑑です。
紙面を見逃した方も、初めて読む方も、
分かりやすい内容となっています。

2010.05.05

北方警備に赴いた
弘前藩士の予防薬

ロシア船の南下など日本をめぐる国際情勢が激変した18世紀末、その防止策として、幕府は寒さに慣れた東北藩士を蝦夷地(現・北海道)に派遣(1807年)。その多くは弘前・会津藩士であった。

かし、その多くがビタミン不足による不治の病「浮腫病」(※1)の犠牲となり、幕府は1855年(安政2年)の再派遣時に薬効性の高い「珈琲」を配給した。長崎・出島の蘭学者や特権層を除くと、日本で最初にコーヒーを飲んだ庶民は弘前藩士であり、彼らの命の綱は紛れもなく「珈琲」であったといえる。

※1 浮腫病/水ぶくれになり、顔がむくみ、腹が太鼓のようになって苦しみ死ぬという奇病。

珈琲の歴史に思いを馳せる「おもてなしの心」

津軽の先人たちが見舞われた悲劇を偲び、その御霊にとりつかれたかのように「藩士の珈琲」を幕末当時の淹れ方で再現した成田専蔵氏(58歳)。その想いの原点を1992年に自らが建立した稚内市・宗谷公園の慰霊碑に示した。

そして、コーヒーを愛し、研究・提供に努める立場として故郷や家族を想い、コーヒーを口にすることなく亡くなった先人の無念さ、コーヒーを貴重な薬として「ありがたく」服用したであろう先人たちの心情を、琥珀色の1杯に心を込めて注いでいる。「歴史のロマン溢れる城下町・弘前から人と人の輪を育み、日本地図全体を珈琲色に染めたいですね。」成田氏の夢と情熱は未来へと続く。

挿絵1

挿絵2

挿絵3

挿絵4

プロフィール

成田専蔵(なりた・せんぞう)
青森県平川市出身。旅行会社勤務後、23歳で脱サラし喫茶店を経営。平成5年、弘前市樋の口に焙煎工場「北の珈琲工房」を設立し、11年同市城東北に現在の「成田専蔵珈琲店」を開店。弘前コーヒースクールを主宰。

成田専蔵珈琲店


記事カテゴリー


バックナンバー


ダウンロード

陸奥新報紙面で掲載した内容を、プリントアウトして読みたい方に、A4サイズにレイアウトしたPDFがダウンロードできます。


参考文献・協力

弘前藩よろず生活図鑑を制作するにあたり、ご協力いただいた方々や参考文献・資料一覧はこちらから。


弘前藩よろず生活図鑑は


編集部が製作しています。