弘前藩よろず生活図鑑 Web版

陸奥新報紙面で掲載した内容を、
不定期に更新していく、
Web版よろず生活図鑑です。
紙面を見逃した方も、初めて読む方も、
分かりやすい内容となっています。

2010.11.05

防寒の衣。

最高の防寒着「毛皮」

藩政時代の津軽の風俗を写した図録ともいうべき『奥民図彙(おうみんずい)』。その中に、「カッコロ」と呼ばれる毛皮が描かれている。様々ある毛皮の中でも「上品トス」とされた犬皮は、幕命で松前に派兵した際にも防寒具として使われていた。いったん吹雪に遭えば命を落としかねない極寒の地。軽く暖かな毛皮が、どれほど多くの人々の命を救ったことだろう。

挿絵1

挿絵2

挿絵3

「藁」という存在感

深い雪を踏みしめるのは、編み目も美しい「ツマゴ」。背に負うのはほどよく風を通す「ケラ」。家の中で子供が眠る「エンツコ」にはたくさんの藁、ボロ布が敷き詰められてふかふかだ。夜には綿の代わりに藁しびを詰めた布団をかぶり、それすら無い人々は編んだ藁の中に潜り込む。

近年に至るまで日常的に使われていた藁の民具。利点を引きだすその技術は、藁を知り尽くした人々の知恵が生み出し、彼らの生活を支えた。

挿絵4

挿絵5

挿絵6

「布」が紡ぐ絆と命

荒い目を塞ぐように、貴重な木綿糸で一針ひと針刺繍された「こぎん」。くたびれ柔らかくなった布を継ぎ合わせた「ボド」。上着や下着、麻蚊帳にいたるまで、使い古したボロ布を幾重にも重ねた夜着「ドンジャ」の中には麻糸を取る際に出るクズ麻が詰められる。 

「一寸四方、小豆を包む大きさがあったら大事にせよ」。かつて、そんな言葉があった。寒さのため綿花の栽培が叶わなかった津軽。温かく柔らかな木綿は明治の時代を迎えてもなお、貴重品だった。糸となり、布となり、衣となり、また姿を変える。世代を超え、幾人もの人々が包まれ、守られる。生命を包み込んだ温かく柔らかな美しさをもつ布たちは今、「BORO」という名の芸術にまで昇華している。

挿絵7

挿絵8

挿絵9


記事カテゴリー


バックナンバー


ダウンロード

陸奥新報紙面で掲載した内容を、プリントアウトして読みたい方に、A4サイズにレイアウトしたPDFがダウンロードできます。


参考文献・協力

弘前藩よろず生活図鑑を制作するにあたり、ご協力いただいた方々や参考文献・資料一覧はこちらから。


弘前藩よろず生活図鑑は


編集部が製作しています。